真珠の頸飾

シネマの宝石学―洗練された大人のおとぎ話07

マレーネ ディートリッヒ 生きた宝石(2)

「真珠の頸飾」

彼女の数多い出演作のなかで、とくに、宝石の登場する映画といえば、なんといっても「真珠の頸飾」である。宝石使いの名手である監督、エルンスト・ルビッチがプロデュースしている。相手役は、名作モロッコと同じ、ゲーリー・クーパーだ。このめちゃめちゃお洒落な映画は、恋愛部分は、それほど新鮮味もないが、何しろ痛快なのは、映画の冒頭、美しく気品ある宝石泥棒マレーネが、老舗の宝石店から極上の宝石を奪い取る、その洒落た手口である。

巴里の老舗デュバル宝石店に、美しいマダムが来店する。白いドレスに身を包んだディートリッヒである。「最高の真珠をさがしている」というので、オーナーのデュバル氏が、みごとな真珠のネックレスを捧げて現れる。「4年半かけて、最高の粒を集めました」「均整の取れた芸術品です」「人魚の涙といってもよいでしょう」なるほど、白雪のように美しい。マダムは、惚れ惚れと眺め、自宅に届けるように、と申し付ける。夫は、著名な精神科医のポケー氏だという。だれが、この取引を疑うだろう。

<続きは、PDFファイルをご覧ください>

「真実のマレーネ ディートリッヒ」「真珠の頸飾」adobe_pdf_file_icon_24x24

岩田裕子