百万長者と結婚する方法

シネマの宝石学―洗練された大人のおとぎ話20

摩天楼の宝石物語

「百万長者と結婚する方法」

主役はニューヨーク
この映画が、1953年に封切られたとは思えない。その画像にも、ヒロインたちの装いにも、また、アパートメントのインテリアにも、半世紀前という古さはちっとも感じられない。冒頭から10分近くオーケストラがテーマ曲を演奏する場面から始まるオープニングは、今日でも斬新ではないだろうか。

そして、タイトルバックのかわいいこと。青や煉瓦色のシルクサテンの布の上に、出演者の名前が載り、余白には、数々のかわいくてゴージャスなジュエリーが飾られている。星型のブローチや花の形のイヤリング、かわいいサファイアや知的なエメラルド、そして、きらきらダイアモンド。まるで、宝飾店のショーウィンドウ。宝飾店に足を踏み入れるときと同じくらい、ワクワクする映画なのだ。

映画の冒頭に登場するのは、ニューヨークの街並みだ。「お金が飛び交い、才能が密集する街、百万長者とシンデレラが出会う街。セントラルパークでは恋人たちが逢引。富と名声は実力しだい。毎日がスリルに満ちている街。魅力いっぱいの街ニューヨーク♪」ミュージカルのように歌が響く。今のニューヨークより百倍も魅力的。活力とチャンスに満ち、人々は、シンプルに、ちょっと手を伸ばせば、幸せに届くと信じていたのだ。

この欲望の街で、三人の娘たちが、幸せを得ようと作戦を決行する。クールな知性派美人、シャッツィ(ローレン・バコール)と、セクシーでかわいいポーラ(マリリン・モンロー)、健康的でちゃっかりしているロコ(ベティ・グレイブル)という三人組だ。
<続きは、PDFファイルをご覧ください>

摩天楼の宝石物語「百万長者と結婚する方法」adobe_pdf_file_icon_24x24

岩田裕子