4月26日 マグノリア

マグノリア〈モクレン科〉

☆花言葉――華麗・壮大
どこか不思議な花だとまえから思ってた。
なにしろ大輪なのです。
陶器のようになめらかな白のしゃもじのような花びらを9枚も重ね、かわいたようなマグノリアの花。
胸を張ってそびえ立つ背の高い木に、香りもよく花ひらいている。

日本で目立つのは当然で、もともとは北アメリカの南部が産地。
あちらでは、よく見かける木で、南北戦争を舞台とした小説『風と共に去りぬ』にもよく登場している。
日本にもたらしたのは、この戦争で南軍をひきいたグラント将軍だとか。

◎花うらない(この日がお誕生日の方へ)
新しい時代を開拓する大きな力を秘めている。
次の時代をになう人。
恋愛には理想が高く、「この人」と思う相手が現れるまで待ち続けます。

岩田裕子