03月03日 もも

もも〈バラ科〉

☆花言葉――恋のどれい
濃い桃色の丸い花びら。
いく枚も重ねて、匂いたつような春の美少女ぶりです。
どこか人をまどわすような、幻想世界の樹木。

中国の伝説です。
ある男が道に迷い、渓流をさかのぼると、春霞のような桃園につき当たった。
どこからともなく花のような美人が現れ、ムコになってほしいというのです。
男は幸せでした。
でもあるとき故郷をなつかしく思い、戻ると、200年がたっていた。

孫悟空は天帝の桃を食べて怒りを買い、地上に落とされました。
『西遊記』より

◎花うらない(この日がお誕生日の方へ)
表情ゆたかでことば巧み。
個性的なあなたは、どこでも注目の的。
理論より感情で動くから、ときどき大失敗。
そんなところも魅力的ね。

<岩田裕子著 バースディ花うらない366(小学館)より>

〇写真をご覧になりたい方はこちら