02月29日

わすれなぐさ〈ムラサキ科〉

☆花言葉――私を忘れないで
夢見がちの、悲しげな少女の瞳に似ている。
だって、こんな中世ドイツの伝説があるのですもの。

ドナウの川岸を騎士とその婚約者が歩いていた。
すると、小さな青い花が崖下に咲いていたのです。
少女の目の色と同じ。
「なんてきれい!」
騎士は花をとろうと身をのり出す。

ところがヨロイが重すぎたのです。
足をすべらし、水の中へと転落していった。
「私を忘れないで」と叫びながら、激流にのみこまれてしまったのです。

2月29日、この花を友達と贈りあう。
そんなヨーロッパの風習があります。

◎花うらない(この日がお誕生日の方へ)
神経がこまやかで感受性の豊かなあなた。
それだけに、調子のいい友達に利用されがちです。
いじわるな友達は、無視していいのですよ。

<岩田裕子著 バースディ花うらない366(小学館)より>

〇写真をご覧になりたい方はこちら