02月11日

いちご〈バラ科〉

☆花言葉――愛と尊敬
昔は、食べるより、花を見て楽しむ草でした。
天国の子どもたちが地上に戻るときは、いちごに姿をかえているので、それを食べると、子どもが死んでしまうからだとか。
聖母マリアの果実とされた。
いちごの汁で口を汚した者が天国へ来ると、マリアは怒って地獄へ追いやり、永遠の苦しみをなめさせたという。

恋の神がみにもささげられた。
「いちご畑でつかまえて」は松田聖子のヒット曲。
「恋を成功させるには、はじめは逃げることよ」と歌っている。

◎花うらない(この日がお誕生日の方へ)
貴族的な雰囲気のある人。
知的レベルも高く、人びとに尊敬されます。
恋には消極的。
あなたに勇気が加われば、いっそう魅力が深まるのに。

<岩田裕子著 バースディ花うらない366(小学館)より>

〇写真をご覧になりたい方はこちら