02月09日

ぼたん(白)〈キンポウゲ科〉

☆花言葉――富貴
牡丹の花の精のお話。
中国の『千一夜物語』にあたる『聊斎志異』はお化けや仙人がたくさん出てきて楽しい小説集。
そこに登場するのです。
黄という詩人が本を読んでいると、そこにまっ白い服を着た女が現れた。
ふたりは仲よくなるのですが、それは白牡丹の精でした。

あるとき、この白牡丹は掘り返され、女も死んでしまう。
黄が花を取り戻し、肥料をたっぷりあげたところ、女は戻ってきたという。
牡丹の精の名は香玉。
『香玉』という短編です。

◎花うらない(この日がお誕生日の方へ)
おっとりと、そして表情豊かなあなたは、人気者。
理屈より感情で動くタイプですが、不思議と大失敗はせず、華やかな一生を送ります。

<岩田裕子著 バースディ花うらない366(小学館)より>

〇写真をご覧になりたい方はこちら