02月13日

じんちょうげ〈ジンチョウゲ科〉

☆花言葉――不滅
誰でも知ってる花ですよね。
気づかず通りすぎようとしたって、花のほうがほっといてくれません。
早春、さわやかな香りをあたりにまきちらして、「私を見てよ」と合図するのです。

日本古来のよい香り「沈香」や「丁香」に似てるところから、この名がつきました。
「沈丁花」と書くのです。

白か淡い紫の小さな花を密集して咲かせ、なんか元気のよい感じの花。
生命力がつよく、ごく短い枝からもすぐ根づき、手入れもかんたんなので、庭木として人気があります。

◎花うらない(この日がお誕生日の方へ)
愛されることに不器用。
少しつきはなされると、すぐにすねてしまいます。
でも愛はひたすら与えるものです。
そのうち相手も変化します。

<岩田裕子著 バースディ花うらない366(小学館)より>

〇写真をご覧になりたい方はこちら