プロフィール

「宝石とは、美しさ、そして夢」と考え、さまざまなキーワード ―ギリシャ神話から名探偵ポワロ、バレエや競馬、ピーターパン、王女さまに魔術まで―  を駆使して、宝石の魅力を解き明かしている。

岩田裕子

慶應義塾大学西洋史学科卒業後、編集者を経て、エッセイストに。

FANTASY_heart-blue

宝石に関する著書は
「夢見るジュエリ」(東京書籍)、
「ダイヤモンドAtoZ」(東京書籍)、
「冷たいジュエリ(単行本)」(日本ヴォーグ社)、
「冷たいジュエリ(文庫本)」(双葉社)、
「宝石物語ーあるいは優雅なる美と狂気」(大和書房)、
「21世紀の冷たいジュエリ」(柏書房松原)、
「恋するジュエリ -スターが愛した宝石たち」(河出書房新社)、
「しあわせをはこぶ天然石&ジュエリー」(主婦の友社)、
「電子書籍 蠱惑(こわく)のジュエリ」(PHP研究所)

妖精に関しては
「妖精のように生きてみたい」(河出書房新社)、
「妖精のレッスン」(AZ出版)
他に、小学館より「バースディ花うらない」、同文書院より「ピンクの物語」、
日本ヴォーグ社より「ミススパイダーシリーズ(2冊翻訳)」、
またIJT(国際宝飾展)などにて講演も。

雑誌での執筆も多数。
世界文化社、ハースト婦人画報社、文化出版局、PHP研究所、
平凡社、小学館、集英社、双葉社、会員向け情報誌など。

2008年2月、六本木ヒルズ49階ライブラリーエントランスショーケースにて
『童話の中の宝石コレクション』 展を企画・監修。
2010年12月にも六本木ヒルズにて
『ヴァン・クリ―フ&アーぺルと妖精の世界』文・監修。

今後は、宝石や妖精を包括し、独自の世界を展開していく予定。
最近、イラストも描いている。