王様と私

シネマの宝石学―洗練された大人のおとぎ話11

ミュージカルの踊る宝石たち(3)

「王様と私」

ミュージカルの踊る宝石たち(1), (2)で紹介した「恋の手ほどき」と「マイ・フェア・レディ」はいわば、階級差がテーマといえるが、1956年に公開された映画「王様と私」は、東洋と西洋の差違の物語となっている。

1998年には、チョウ・ユンファとジョディ・フォスターにより、再映画化された。「アンナと王様」と題されたこちらの映画は、ミュージカルではない。その後、「王様と私」を再見し、古さを感じるかと思ったが、それどころではなかった。「アンナと王様」も良くできた映画だったかもしれないが、「王様と私」は、すばらしかった。

1862年、デボラ・カー扮するアンナが、王の子供たちの家庭教師として、タイに赴任するところから物語は始まる。息子とふたり、遠い異国に来て心細いアンナだが、やさしさとユーモア、そして勇気で、この地に溶け込んでいく。古い映画であるにもかかわらず、宮廷シーンの美しさに、ため息がでる。音楽に乗って、子供たちが登場するシーンが楽しい。個性が描き分けられているのだ。甘えんぼ、いたずらっ子、好奇心の強い子・・・、

そして、威厳ある15歳の皇太子チュラロンコン。帝王学を学んでいることが一目でわかる。自然にアンナが、最敬礼する姿もこのましい。怖そうな王様が、どれほど子供たちに愛されているかも垣間見られる。その他、数多くの后たちとの交流や、第一夫人との信頼関係も描かれ、この映画の厚みとなっている

<続きは、PDFファイルをご覧くだい>

ミュージカルの踊る宝石たちadobe_pdf_file_icon_24x24

岩田裕子