恋の手ほどき

シネマの宝石学―洗練された大人のおとぎ話11

ミュージカルの踊る宝石たち(1)

「恋の手ほどき」

ミュージカルは、映画界に芳醇な香りを放つ大輪の花。とりわけ、50年代、60年代の映画は、たとえ深刻な内容を扱っていても、華やかで、幸せなオーラをふりまいている。そのたとえで言えば、宝石は、花の蜜だ。ミュージカルに登場する宝石たちは、上質の甘さと華やかな魅力で、観客という気まぐれなミツバチをとらえて放さないのだ。

宝石の選び方をレクチャーしてくれる映画がある。1958年に、公開された「恋のてほどき」。原題「ジジ」である。ヒロインのジジ(レスリー・キャロン)は、天真爛漫で、元気いっぱいの少女。かつて、富豪の愛人だった祖母に育てられている。彼女の友達に、大富豪の独身貴族ガストンがいた。恋が仕事みたいなガストンは、その虚飾の世界に疲れ果てると、ジジの家を訪れ、少女を相手に子供みたいにはしゃぐのだった。ジジにとってのガストンは、おいしいお菓子を持ってきてくれる気の置けない兄みたいな存在。

しかし、祖母の思惑は違った。将来は、ジジをガストンの愛人にしたいのだ。お金もないし、育ちもほめられたものではない。彼女たちの価値観では、それが一番の出世の道だった。祖母の姉は、愛人として成功し、今は執事つきの邸宅で優雅に老後を過ごしている。彼女を見習わせたい。週一回、ジジはその大伯母の家にレッスンに通わせられる。淑女になるためのレッスン。といえば聞こえはいいが、結局は大富豪に見初められ、その愛人になるためのレッスンだ。
<続きは、PDFファイルをご覧くだい>

ミュージカルの踊る宝石たちadobe_pdf_file_icon_24x24

岩田裕子