大盗賊

シネマの宝石学―洗練された大人のおとぎ話16

夜の海に沈んだ宝石

「大盗賊」

今回はめちゃくちゃ楽しいB級映画をご紹介したい。フランス革命前夜、大貴族の宝石ばかりをねらう、かっこいい盗賊のお話だ。いわば義賊で、日本で言えば、ねずみ小僧のような存在。主人公は、実在の人物だという。理屈はいらない。テンポはいいし、音楽も生きがいい。かっこいい主人公の冒険活劇で、みているだけでわくわくしてくる。初めは町のちんぴらにすぎなかった主人公が、勇気と機転で、国王もゆるがす庶民の英雄になっていく。痛快なのだ。

また、この映画のビデオは、日本語吹き替え版で、それがまたとてもいい出来。多分はじめて、テレビでこの映画をみたときも、吹き替えだったのだろう。主役のジャン・ポール・ベルモンドの声は、「ルパン三世」で有名な山田康雄が担当している。それもそのはず。ルパン三世のモデルがこの映画だという説もあるのだ。確かにルパン三世は、ベルモンドに顔もしぐさもよく似ている。それだけでない。銭形のとっつあんを演じた納谷悟朗が伍長役で登場して、ベルモンドと攻防戦をくりひろげる。なんとも粋な映画なのだ。

主役のジャン・ポール・ベルモンドは、60年代、70年代にアラン・ドロンと世界の人気を二分したフランスの大スター。当時、2 4歳の若さだった。ヌーベルバーグの旗手ジャン・リュック・ゴダールに見出され、デビューしたように、単なるアクション俳優では決してない。ハンサムでないけれど、ニュアンスがかっこいいのだ。

かくいうわたしも、美男のドロンより、しゃくれ顔だけど、おしゃれで複雑な魅力のあるベルモンドのほうが断然好きだ。いい加減だけど、憎めない。衝動的なところも、結構駆け引き上手なところも、すべてが自然でかっこいい。こんな役柄ができるのは、本当に本人に魅力があり、しかも、演技力抜群な俳優だけ。日本でいえば、かなり年配だが、森繁久弥の軽みに似ている。
<続きは、PDFファイルをご覧ください>

夜の海に沈んだ宝石「大盗賊」adobe_pdf_file_icon_24x24

岩田裕子