夜も昼も

シネマの宝石学―洗練された大人のおとぎ話25

幸せの音楽、幸せのジュエリー

「夜も昼も」

「ナイト アンド ディ」という曲を好きになったのは、2年ほど前だったか、テレビドラマのテーマソングに使われていたからだ。軽くてしゃれたフレーズ、羽が風にふわふわ飛んでいるような曲想、明るいのに胸をしめつけられる。思い出があるわけではないのに、なぜかなつかしい。一度意識したら、耳から離れられなくなってしまった。この曲は、1932年につくられたという。80年近く昔の曲が、今も心をつかむのはなぜだろう。

このお洒落で、軽やかで、永遠のロマンティシズムを感じさせる曲を作ったのは、アメリカの国民的作曲家、コール・ポーターだった。名前は聞いたことがあるという程度だった。その後、彼の伝記映画といえる「五線譜のラブレター」(2003年)を見ると、コール・ポーターの曲のほとんどに、聞き覚えがあった。

その曲は、すべて、幸せのにおいがする。挫折を経験する前の古きよき幸せなアメリカ。彼の曲は、その象徴といえる。そのアメリカにあこがれて戦後を生きた日本にとっても、彼の曲は、胸がきゅんとするような、夕立の通り過ぎた後の、夏の夕方のような、懐かしい爽やかさを感じさせてくれる。コールがなくなって40年後に作られた映画「五線譜のラブレター」は、当然、彼の生涯を、俯瞰的に眺め、分析し、隠された秘密をも描き、真相にせまっている。たいへん評判の良い映画だ。

私が今回選んだのは、もうひとつの伝記映画「夜も昼も」である。原題は「ナイト アンド ディ」。かのヒット曲をタイトルにしているのだ。伝記というより、彼の生涯を材料に作られたハリウッド製ミュージカルだ。こちらは、「五線譜~」よりさかのぼること、60年も昔(1946年)の作品。このとき、コール・ポーター本人は、存命どころか、働き盛りの52歳。第一線で活躍する世界的な人気作曲家だった。
<続きは、PDFファイルをご覧ください>

幸せの音楽、幸せのジュエリー「夜も昼も」adobe_pdf_file_icon_24x24

岩田裕子