ルパン

シネマの宝石学―洗練された大人のおとぎ話18

誘惑的な宝石たち

「ルパン」

優雅な人々

宝石泥棒 ―この響きには、心をくすぐられる。もちろん現実に現われたら恐ろしいけれど、映画のなかの宝石泥棒は、痛快で、おしゃれで抵抗できない魅力にあふれている。この連載で今まで、取り上げた宝石泥棒を振り返ってみてもそうだ。「ピンクパンサー」の怪盗デビッド・ニーブンは遊び上手な英国紳士、「泥棒成金」のケーリー・グランドはアメリカ生まれのナイスガイ、「大盗賊」のジャン・ポール・ベルモンドは、自由奔放で女好きで、最高にセクシーだ。

女賊のほうも、美輪明宏と京マチコが扮したミステリアスな女賊「黒蜥蜴」。ディートリッヒの貴婦人怪盗が活躍する「真珠の首飾り」・・・と、誰をとっても優雅で人をひきつけて離さない魅力にあふれている。超一流のジュエリーが放つ、強力なオーラをいつも浴びているから・・・かもしれない。

探偵のほうが、シャーロック・ホームズにしても、ポワロにしても、明智小五郎にしても、女性にはストイックなのにくらべ、怪盗のほうは、欲望に限りなく忠実。危険な快楽に突き進んでいく。善悪を超越したその自由奔放さで、わたしたちを、いっとき日常のルールから解き放してくれるのだ。

怪盗ルパン

今回とりあげた、稀代の宝石泥棒。古今東西の怪盗のうちで、もっとも有名な大泥棒だ。黒いマントにシルクハット、細いステッキを手にしたルパンは、誰よりも優雅でかっこいい。2005年に公開されたばかりのフランス映画「ルパン」は、フランス人作家モーリス・ルブラン原作の「怪盗ルパン・シリーズ」を忠実に映画化している。この映画の中の宝石ほど、なまめかしい輝きをめったにみない。まさに宝石が主役といってもいい映画なのだ。
<続きは、PDFファイルをご覧ください>

誘惑的な宝石たち「ルパン」adobe_pdf_file_icon_24x24

岩田裕子