キリクと魔女

シネマの宝石学―洗練された大人のおとぎ話23

宝石ずくめの魔女とスーパー赤ちゃんの戦い

「キリクと魔女」

幸運は、あるとき突然、訪れる。たとえば、私にとっては、この映画と遭遇した瞬間もそのひとつである。深夜、BSで、何気なく始まった映画。なんの意識もしていなかったが、みっつめのせりふが聞こえてきたときには、すでに、この映画は只者ではないと気がつき、引き込まれてしまった。

映画のなかのアフリカの村。この村にとっての幸運は、キリクという赤ん坊が生まれたことだった。彼らは、それに気がつかなかったけれど・・。 そして、魔女にとっても、キリクと出会ったことが、大きな幸福となる。「キリクと魔女」は、この連載で初めて取り上げるアニメーション映画だ。宝石をまとった優雅な魔女と、裸の赤ちゃんが戦う物語。舞台は、アフリカのとある村。

いつか読んだアフリカの神話世界がこの映画のなかに息づいている。月足らずで生まれたあかんぼう、ロボットみたいな魔女の手下、深い智慧をもった山の賢者。すべては、象徴的で、この世の真実を伝えている。短いせりふが印象的で、この世がどういう仕組みでできているか、人間はどんなふうにできているか、この小さな村の小さな出来事がすべて教えてくれるのだ。

素直に「なぜ」を連発して、最高の幸せを手に入れたキリクのように、私も子どものころに戻って、すべての疑問を「なぜ」と、問い直してみたくなる。そのとききっと、奇跡が起きるのだ。原作・脚本・監督は、フランス人のミッシェル・オスロ。幼少期を過ごしたアフリカ・ギニアの強烈なイメージが、この映画をつくる深い原動力となったという。

素朴派の画家ルソーの名画を思わせる、色美しいアフリカの景色。目を射るほど赤い火炎樹の並木や、一面、青と白で織りなされる眩い花園、イボイノシシやヤツガシラ、地中で暮らすリスなど、アフリカの大地に息づく野生動物たち。セネガル生まれの世界的大歌手ユッスー・ンドゥールの手による音楽―村人たちの歌と踊りや魔女のテーマ―が、土俗的な魅惑の世界にいざなってくれる。
<続きは、PDFファイルをご覧ください>

宝石ずくめの魔女とスーパー赤ちゃんの戦い「キリクと魔女」adobe_pdf_file_icon_24x24

岩田裕子