オズの魔法使い

シネマの宝石学―洗練された大人のおとぎ話31

オズの宝石の国

「オズの魔法使い」

早春のニューヨークは、東京より肌寒く、空気は確かに春なのに、木々はまだ芽吹いていない状態でした。摩天楼が両側にせまり、見上げてもビルのてっぺんまで視線が届かず、せまくるしくも感じられるほど、迫力があります。超高層ホテルの部屋から出ると、イエローキャブの黄色い渋滞が、街を結ぶ春のリボンのようにみえるのでした。

ちょうどイースターの直前のころで、磔刑のキリストを中心とした十数人の仮装行列をみかけました。世界一ハイテクな街と、2千年前のドラマティックなエピソードの対比。

そういえば、1939年に封切られた映画『オズの魔法使い』の50周年を記念したパレードは、道路を封鎖し、ニューヨークのミッドタウンで祝典がひらかれ、全米から人が集まったといいます。5千人もの参加者が、それぞれオズの登場人物に扮し、タップを踏みながら、34丁目を行進したのです。1989年8月のある日。パレードを見る子供たちも、ドロシーと同じ赤い靴をはいておおはしゃぎし、大人たちも、かかしやブリキの木こりに扮して、楽しんだのだとか。大人な街ニューヨークのファンタスティックな一日。

帰国前夜、やっと取れたチケットで、念願のブロードウェイ・ミュージカルを見ることができました。『Wicked-ウィキッド』。あの『オズの魔法使い』の前日譚です。2003年、ニューヨーク・ガーシュイン劇場で幕を開け、グラミー賞を受賞。もう10年もたつというのに、今も同じ劇場で連日、満員御礼なのです。

<続きは、PDFファイルをご覧ください>

オズの宝石の国「オズの魔法使い」adobe_pdf_file_icon_24x24

岩田裕子